是正勧告について

「是正勧告」とは、労働基準監督署が事業所への立入検査(臨検)をした場合において、その事業所で労働法令違反に該当する事実を確認した時に行なわれる「行政指導」をいいます。

この是正勧告については、経営者の方がよく分からずに軽視してしまうと大きな問題になりかねません。立ち入り調査を行なう労働基準監督官は司法警察としての権限を与えられていますので、調査内容や是正勧告の対応によっては、告発にまで及ぶこともあります。

事業所が、この是正勧告を受けた場合、指摘を受けた労働法令違反状態を是正し、その内容を「是正報告書」に記載して、指定期限内に労働基準監督署へ提出する必要があります。

是正勧告についての詳細は、下記のボタンからどうぞ。

是正勧告対応の詳細


社会保険労務士に依頼するメリット

是正勧告への対応については、労働基準法に精通した「社会保険労務士」に依頼することで、確実な対応を期待することができます。

是正勧告に対応するには、これに付随して、就業規則の改定や労使協定書の新規作成などを伴うことがほとんどです。経営者は本来の経営マネジメントに専念し、このような対応・対策は、専門家である社会保険労務士に依頼することが最善の解決策です。


代表のごあいさつ

企業のグローバル化に伴い、企業の人的資源の管理手法が着目され、一層のコンプライアンスの重要性が問われる時代になってきました。

このようなことを背景に、サービス残業や解雇問題など、企業と労働者のいわゆる「労働トラブル」も年々増加し、それに伴って労働基準監督署の調査も増加してきています。

労務トラブルを未然に防止し、あるいは発生した場合でも迅速に対処することで、企業経営の効率化を図る経営者の方々を、一人でも多くサポートしていきたいと考えています。

特定社会保険労務士 見上 巌(けんじょういわお)

お問い合わせ方法

お気軽にお問い合わせください。


今週のニュース記事 (是正勧告・労基署)

2016年06月28日 22:06:02
今年4月、厚生労働省が違法な長時間労働に対する監督指導を強化するため、「過重労働撲滅特別対策班」を設け、全国の労働局に「過重労働特別監督監理官」を1人ずつ配置したとの報道があった。同時に、労働基準監督署の立入調査基準となる残業時間は、過労死認定基準に合わせ、月100時間超から月 ...
2016年06月27日 22:30:09

マイナビニュース
厚生労働省・各労働局から出される「是正勧告書」ってどのようなもの? まずは、「是正勧告書」について説明します。 労働基準監督署(以下、労基署)は、労働基準法などの法律に基づいて、定期的に又は働く人からの申告などをきっかけとして、事業場に立ち入り、機械・設備や ...
2016年06月27日 02:53:00
訴状などによると、2014年11月には、労働基準監督署がJAに対し、残業代を支払うよう是正勧告を出している。JA側は一部の支払いに応じたが、翌15年3月に代理級職員を「管理監督者」に一方的に変更したという。 労基法の「管理監督者」には残業代を支払う必要はない。
and more »

4件目以降のニュース記事は以下のボタンからどうぞ。

ニュース記事をもっと見る

ページトップに戻る